FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャラクター紹介 -怒首領蜂 編-

はい!キャラクター紹介その2です!

今回は株式会社CAVE開発、株式会社アトラスから1997年発売で元祖弾幕STGこと
怒首領蜂(どどんぱち)のキャラクター紹介をしたいと思います!

・・・


・・・







あぁわかってるよ!

キャラの紹介しようがないよ!

誰紹介すればいいんだよ!

エレメントドールなんてまだいねぇよ!


あ、大佐か。


じゃ いっきまーす。


主人公(パイロット)
自機を操作するパイロット。
年齢不詳。
首領蜂の一人である。
機械化惑星人を撃破するため新型超最強撲滅戦闘機(DO-N82※)に乗る
のであった。


※DO-N82 = ドンパチ


シュバルリッツ・ロンゲーナ大佐

年齢不詳。
死ぬがよいでおなじみのあの人。伝説的な名言を残していった人ともいう。
『首領蜂』(首領の命令に従うだけの働き蜂)の首領である。
2008年稼働の怒首領蜂大復活に登場するゴッドウィーン・ロンゲーナ大佐はご親戚らしい。
大佐おきまりの第一声は「私の目に狂いはない。」である。
2周目最終面では大佐みずからが操る「最終鬼畜兵器」と戦う。


火蜂
最終鬼畜兵器 蜂を倒すと出現する蜂。
これも大佐が操作してると思われる。
伝説になり、続編にもでるふぐ刺し、
弾は基盤の表示限界を超えているなど
色々ぶっとんだやつで、
CAVE恒例の真ボスはこちらがボムをすると
相手はバリア(ガルータのジャコウなんかは体力回復)をはる
という条件(アンチボムというらしい)はこの頃から引き継がれており
鬼畜になっている。

そんなこんなで登場人物(人以外もいたけど・・・)終わっちゃったよ・・・。
スザク08とか紹介しても意味ないし・・・あ

知り合いに怒首領蜂が弾幕ゲーってのは知ってるけどストーリーってどんなんなの?
ってこの前聴かれたのでここで書いてしまおうと今思ったので
書きま~す。



昔、大きな戦いがあった。

その戦いは反乱や侵略戦争などではなく、
自分達の軍隊を、より強くするために
行われた演習戦争という
極めて異質なものであった。

やがて7年にも及んだこの戦いにも
終わりが訪れ、勝ち残ることのできた
最強の兵士達を、人々は
『首領蜂』(首領の命令に従うのみの
働き蜂)と呼び、さげすんだ。

…そして時がすべての罪と過去を
洗い流してしまった頃…

星団系外を周回していた我が
第七星団艦隊が、突然連絡を絶った。

その直後、機械化惑星人と名乗る
未知の軍隊が我々に攻撃を仕掛けてきた。

我が軍もこれを迎撃すべく大艦隊を
派遣するが、ことごとくレーダーから
消されていった。

状況は日々悪化していき、
誰もが絶望の顔色を隠せなくなった時、
ひとつの作戦が持ち出された。

その仕掛け人は、
シュバルリッツ・ロンゲーナ大佐。

我々が首領と呼ぶ切れ者司令官だ。

「私の目に狂いはない。」

この高慢な一言が首領おきまりの
第一声だ。

「今日集まってもらった君達は、
私の作戦に基づき、この新型超最強撲滅
戦闘機(DO-N82)に乗って敵、
機械化惑星人を打ち抜いてもらう。」

首領の命令は絶対だ。

納得いく理由も説明されず、
我々はたった二機の戦闘機のみで
立ち向かう事になった。

これが働き蜂の運命とするならば、
あまりにも無慈悲であった…。



怒首領蜂大復活スマートフォン版【HISTORY】より

なげぇ!なげえよ!ストーリー!
戦争物なんですよ!

じゃあ今回はこの辺で

さいなら~


-END-
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

スー

Author:スー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
かうんた~
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。